現在 20件/1ページ 
2905


江本武忠
(えもと・むちゅう)

(2022/12/30(Fri.) 20:17 〜 2022/09/13(Tue.) 10:28)

  サッカーの王様ペレさん、ご冥福をお祈りします。 2022/12/30(Fri.) 20:17 

「サッカーの王様」であり、ブラジルの国と文化を世界に知らしめた国家的英雄でもあるペレさんが、12月29日に82歳で死去されました。

サッカーを通じて、スポーツの友好関係と世界の平和精神を普及された功績は絶大でした。

心よりご冥福をお祈りいたします。

▼統一教会創始者・文鮮明(ムン・ソンミョン)・韓鶴子(ハン・ハクジャ)夫妻と親交を深めていたペレさん。



  杉田水脈議員、辞表提出! 2022/12/27(Tue.) 17:23 


▲テレ朝ニュース2022/12/27 13:43
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000281435.html

福島瑞穂さんなどから総攻撃を受けていた杉田水脈総務大臣政務官が、ついに辞表を提出したとのことです。

野党からの攻撃には強く立ち向かう力のある杉田さんですが、辞表を提出せよという松野官房長官の指示に従わざるを得なかった、ということでしょう。

気の毒なことですが、それ以上に、これほど国家にとって有益な活動をする議員のクビを切ることがもったいないと思うし、野党のくだらない口喧嘩に簡単に屈してしまう自民党が情けない。

岸田さんにとって煙たい存在の安倍派議員は、どんどん粛清されていく流れなのでしょうかね。

安倍先生の遺志を引き継ぐ萩生田さん、高市さん、困難を乗り越えてポスト岸田体制を模索しながら健闘してほしいと思います。



  社民党・福島瑞穂議員について(注意:過激な性的表現があります) 2022/12/09(Fri.) 15:52 


 ▲「買う男・買わない男」
 福島瑞穂・中野理惠 インタビュー(1990年、現代書館発行)

自民党・杉田水脈(すぎた・みお)議員が過去に差別的と思われる発言をしていたということですが、参院予算委員会(2022年12月2日)での杉田議員への攻撃がものすごく激しかったですね。

まあ、差別などの誤解を招く表現については本人が謝罪・撤回しているわけだし、特に国会議員になる以前の発言まで国会で厳しく追及されるというのは、かなりの違和感があったと思う。

さらに、女同士のバトルというか福島瑞穂議員(社民党党首・弁護士)の激しい追及は、しつこさ満点だったように見えました。
これって、国会で税金を使って長時間やるべき内容なんですかねえ。

そこでちょっと、福島瑞穂さんが国会議員になる前にどういう発言をされていたのか気になりました。

上記画像は福島瑞穂弁護士と中野理惠(株)パンドラ代表の共著で、「買春」「ソープランド」「SM」などをめぐって、女性2人でいろんなタイプの男にインタビューをするという企画本です。

福島弁護士は、同書37頁で「司法修習生のときに、弁護士から『君、処女?』と言われた。私、よっぽど『きょうは処女よ』って言おうかと思った。」と発言しています。

この発言について私は特にコメントはありませんが、一般的には「君、処女?」というセクハラ的な質問に対して「きょうは処女よ」という答えが頭に浮かぶというのは、ちょっとヘンな感じもしますね。(個人の感想です)

同書79頁には、SMとか「奉仕プレー」などの話の流れで、福島弁護士は「裁判も役割のプレーだと思う。裁判官、被告人、検察、弁護士は、みんな役割を演じているわけ。被告は被告人らしく(中略)打合わせ通り一つのプレーをやるわけ。それが無事に終わればいいわけで、錯綜すると長くなるから、儀式なんだ。」と発言しています。

そうですか。。。福島弁護士にとっては裁判も「プレー」なんですか。これも、特にコメントすることはありません。

同書211頁で福島弁護士は、「私、買春というのは、ダッチワイフを抱いているのと一緒だし、女の体を使ったマスターベーションと一緒だと思う。」と発言しています。

それに対して共著者の中野さんは「でも、生身の人間だよ」と反論しているのですが、福島さんは同書「はしがき」でも、次のように書いています。
「『買春とは女の体を使ったマスターベーションである』ということが、よーくわかった。」(同書、2頁)。

そうですか。。。ノーコメントです。(^^;
私はよくわかりませんが、福島弁護士は買春についてよく理解できたようなので、それはそれでよかったのではないかと思います、

まあ、誰しも過去にはいろんな立場と状況で、その時に応じた発言をしているものです。

杉田水脈議員については、12月6日の総務委員会でNHK党の浜田聡議員が、杉田さんの発言は問題だとしても国益に資する活動をしてきた功績が大きいことはもっと知られるべきだ、という趣旨のことを述べていました。

政治家は「何を言ったか」よりも「何をしたか」が重要。
浜田議員の言われること、めっちゃ同感します。(^^;



  マザー・ムーン!!! 2022/12/05(Mon.) 23:29 


家庭連合の総裁・韓鶴子(ハン・ハクジャ)女史のことを「マザー・ムーン」と呼ぶことがあります。

先日、衆議院議員の山本朋広さんが「マザー・ムーン」の呼称を使ったことで話題になっていました。

ところで、11月12日のUPF大会ではアメリカの元大統領宗教顧問のポーラ・ホワイト牧師が韓鶴子総裁のことを「マザー・ムーン」と呼んでいました。(上記画像)

ホワイト牧師の発言内容については、さくらブログのほうでも書きました。
▼米元下院議長ら、信教の自由を侵害する岸田政権を強く批判!
[Click Here!]

それにしても、ホワイト牧師は大統領の顧問牧師をやっていた敬虔なクリスチャンですから、統一教会の教理(統一原理)を理解するレベルも相当深いものがあるのだろうな、と思ったりします。

統一原理って。。。本当に深い所までわかっている人は、信者の中でもそんなに多くないのです。
特にクリスチャンにとっては、どうしてもぶつかる壁がある。そこを超えなきゃ、絶対に正しい理解には至らない。そこが理解できないクリスチャンは、統一教会を「異端」と決めつけるわけです。

韓鶴子総裁を「マザー・ムーン」と呼ぶホワイト牧師、文鮮明師について聖書を引用して紹介するポンペオ前国務長官。。。そのあたりの壁を突破したのでしょうね。偉い偉い!

日本では毎日、旧統一教会バッシングのお祭りです。
やっぱ、日本は祭りの民族ですなあ。(^^;



  気まぐれに「インベスターZ」を読むとか。 2022/12/02(Fri.) 15:11 

空いた時間に、三田氏の「インベスターZ」を4巻まで読んでみました。

面白い!
投資の手法というより、金融の歴史や日米の経済戦争などを説いている部分が興味をひかれます。所々に出てくる格言みたいなもの(「投資はギャンブル」、「投資とはミスをしないこと」など)も、たしかに味わいがある。

こういうマンガを読んだ若い人々の中から、バフェットやソロスを超えるような投資家が誕生したら。。。と期待したいですなあ。

マルクス主義を信じる政党もあるようだけど、今の時代は「資本家」「労働者」「通貨」という概念も、ずいぶん変わってしまいました。

これからは個人トレーダーで億単位の資本をあやつる人も増えてくるんじゃないかな。

共産党さん、江戸時代のマルクス先生を信じるのも古風でよろしいが、暴力革命だけはやめてほしいと思いますね。(^^;

旧約聖書(「創世記」第3章)には、人類の堕落によって「お前は一生苦しんで食べ物を得る」、「お前は顔に汗を流してパンを得る」などと書かれていますが、神の摂理プログラムがある時点を突破すれば、その状況はガラッと変わる可能性もあるかと私は考えています。



  福田ますみさん、グッジョブ!第二弾!! 2022/11/28(Mon.) 15:36 


福田ますみさんが「月刊Hanada」2023年1月号で、またスクープ記事を書いてくれました。
「統一教会問題の黒幕(独占スクープ!)」です。

「福田さん、グッジョブ!!」(むちゅう日記2022年10月29日)の第二弾となります。

花田編集長も、この福田さんの記事を紹介していましたね。
▼「月刊Hanada最新号の読みどころ」
https://www.youtube.com/watch?v=nDuygibb5Bg

旧統一教会の信者を拉致監禁して強制的に改宗させるプロの「脱会請負人」宮村峻氏の悪質な手口、そしてその宮村氏と結託する左翼ジャーナリスト・有田芳生氏。。。

有田氏は宮村氏を立憲民主党の「旧統一教会被害対策本部」に紹介し、宮村氏の話を聞いた同本部事務局長の石橋道宏参議院議員は「貴重なお話をいただいた」と言ったのだという。

また紀藤正樹弁護士について、信者や一般人を多数殺害したオウム真理教と一人も殺傷者を出していない旧統一教会を同一視する言動に、福田さんは違和感を感じたと述べています。

しかも紀藤弁護士は、旧統一教会についてはとにかく「解散」を強く叫ぶのに対し、無差別殺人を行なったオウム真理教に対しては、破防法の適用に反対しただけでなく、解散命令を出すことにさえ反対していた。

なぜなのか?まったく不可解ですねえ。
福田さんは、このような「紀藤弁護士の不可解な言動」に疑問を抱いたことが、「この問題に首を突っ込むようになったきっかけだ」という(「月刊Hanada」1月号、46−47頁)。

福田さんの記事は、スパイ防止法制定を強烈に推進した勝共連合の活動と、それを命がけで阻止しようとしてきた旧社会党、日本共産党との熾烈な闘いと、そこにつながる左翼弁護士たちとの関係に及んでいきます。

いや〜〜〜、福田さん。やっぱ、グッジョブです!
ご自身が感じた不可解な疑問と、それらが次第に解かれていって一つの筋道が見えてくる過程が、非常にリアルに表現されていると感心しました。

ノンフィクション作家の力量あふれる筆致、「さすが!」と思います。

<追記>
さくらブログでも書きました(2022年12月1日)。
[Click Here!]
▲福田ますみさんが追及した「統一教会問題の黒幕」(月刊Hanada)



  岸田、林、宏池会・・・親中の仲間たち? 2022/11/21(Mon.) 01:31 


https://www.youtube.com/watch?v=_L8YhAVdE_U

▲メディアが報じない保守系News(hirokumaちゃんねる)
「岸田政権 辞任ドミノで万事休すか!?「闇のクマさんはスパイ」と断じた参政党員!!」

ユーチューブを見ていると、テレビでは報道されない事実を指摘するチャンネルも多いので、参考になります。
というか、大変心配にもなります。

上の動画記事の「8分58秒」ぐらいの所で、林外相と一緒に写真に写っている人物。。。「一帯一路促進会会長」!

「11分10秒」ぐらいの所では、参政党員の藤村晃子さんと「闇のクマさん」の話題が。。。

そして、岸田さんについて、このチャンネルの運営者hirokumaさんは、次のようなユーチューブ記事も出しています。

「驚愕 岸田派の政治献金パーティーに大量の中国人!宏池会はいつも在日中国人の主要メンバー達が参加!!」
https://www.youtube.com/watch?v=2P3C_PO7UL8

まあ、とにかく今の時代はユーチューブの記事などもよく見ていくことは必要なことなのでしょう。



  志位委員長は「最終戦争」の戦闘モードらしい。 2022/11/11(Fri.) 01:27 


さくらブログで書きましたが、サンデー毎日によると、共産党の志位和夫委員長は旧統一教会との「最終戦争」に入っているらしい。(^^;
[Click Here!]

旧統一教会のことが急浮上したのは、安倍元首相を暗殺した山上容疑者の証言がリークされたことが発端になったので、共産党が「最終戦争」をしていると言われても、あまりピンとこない感じですが。笑

しかも、岸田さんが「旧統一教会とは一切関わらない」なんて言ったもんだから、有能な議員たちはみな引っかかって重要ポストに就けられなくなり、岸田さん自身が「自爆」しているというのが実情ではないかなあ。

残ったのは河野、林などの中国愛に満ちた人とか国防に無関心の議員、財務省の言いなりに動く議員しか起用できなくなった。これが現政府の悲劇の本質だと思う。

そしてスパイ防止法もないため、中国の工作員とか、留学生という名前の中国産業スパイがどんどん入るようになり、日本の領土は中国人に買われまくる、文字通り売国政権になってきました。

まあ共産党にとっては旧統一教会との最終戦争かもしれませんが、全体的にはそんな小さな次元ではないことが起きていると考えなきゃいけないと思います。



  教会組織の改革か? 2022/11/07(Mon.) 22:14 

昨日(日曜日)は家庭連合(旧統一教会)の礼拝がありました。私は行ってませんが。(^^;

教会には教区長という職分があって、その下に各教会の教会長がいます。そして、教区長は韓国人がやっているケースが多いようです。
先日テレビでテッシー(勅使河原秀行氏)が教会改革の一環として、教区長を2世信者にするという案を公表していました。

(テッシーは京大卒、元大和証券本店営業部勤務のエリート証券マンだった。学生時代は剣道部で、身長178pの剣道3段。印象は良いかもしれないけど、会見を見ていてもちょっと判断が性急な危うさを感じるなあ。笑。まあ本人は精一杯やっているのだと思います)

それで、今まで教区長をやっていた人(多くは韓国人)が離任した後の新教区長・新教会長の就任礼拝が昨日あったわけです。
私が所属する教区でも韓国人の教区長から日本人の2世信者に変わったのですが、それが今後教会の改革になるかどうかは別にして、私個人としては概ね良い傾向だと思っています。

大体において、韓国人が日本の組織を管理することは不可能に近いのです。やはり、日本の組織は日本人が統制しなければうまく行かないだろうと思うのです。

私自身、過去にある件で韓国人の教会長と激しく言い争いになったことがありました。
家庭連合は多数の国でそれぞれ特色がありますが、韓国と日本ではかなり異なる点が多いと思います。信者が持っている歴史観の違いなどは言うまでもありません。日本人とは「真逆」ですから。

それはある程度は仕方のないことで、つい先日(2022/10/10)の日記でも書きましたが、韓国人はオギャーと生まれた時から徹底した反日教育で育つのです。
政府の反日政策や反日思想に異論を唱えると、最悪では逮捕されることもある国です。実質的に思想の自由がないため、気の毒になることすらあります。

しかし家庭連合は一種の多国籍宗教であって、キリスト教国にもイスラム圏にも教会が存在します。そして、その「教義」は世界共通で、そこに日本の従軍慰安婦だの元徴用工だのという考えはありません。

左翼ジャーナリストなどは、旧統一教会が極端な反日思想を「教義」として信じていると言いますが、それは韓国人信者たちの話を左翼流に拡大した印象操作です。

周知のとおりですが、そもそも従軍慰安婦などは韓国が言い出したことではなく、日本(朝日新聞)が大々的に書いていたことなので、日本政府ははやく「河野談話」のような狂った話を撤回してほしいと私は願っています。

でも、河野太郎さんなどは左翼弁護士の紀藤さんらの影響をモロに受けているせいもあってか、ますます左傾化しているようにも見えますので、「河野談話」撤回は今の政権ではおそらく無理なことでしょう。

▼フライデーに掲載されたテッシーの姿
 (講談社「FRIDAY」1995年9月8日号、5頁)



  久しぶりに「ムー」を読んだりして。 2022/11/06(Sun.) 15:32 

若い頃よく読んでいた学研「ムー」ですが、最近どうなっとるんじゃろうかと思い、ちょっと11月号を読んでみました。

メインの特集は中国のAIによる「全人類監視システムの恐怖」ということで興味深かったのですが、他にも面白かったのはお笑い芸人・島田秀平氏が説く「ミロク菩薩の正体」の仮説です。
(「ムー」2022年11月号、115〜117頁で紹介されています)

島田氏によると、仏教のほうで56億7千万年後に出現するという弥勒菩薩は、実はマイクロソフト社のWindows95なのだという。

56億7千万というのは年数ではなく人口だと仮定すると、地球の人口が56億7千万に達したのは1995年であり、その年に登場したのがWindows95である。

確かに、Windows95の登場によって(大げさに言えば)人類はデジタルのネット社会に住む人間と、テレビや新聞などのアナログ的な情報だけに頼って生きる人間に大きく分かれた感じがします(今もそうです)。一種の情報革命だったかもしれません。

しかも、Microsoftの文字をちょっと変えると「Miroc(ミロク)」になるのだという。
そして、インターネットのURLにあるwww(World Wide Web)をユダヤの数秘術で変換すると「666」となる!
そして、それはミロク(みっつのロク?)だという。

最後のほうは苦しいダジャレ的になっていますが、そこはまあお笑い芸人の説であるという点を差し引くとしても、そこそこに面白い仮説ではあると感心しました。



  小学館の取締役は、山上容疑者を「山上様」と呼んで崇拝している!? 2022/11/03(Thu.) 11:53 

左翼漫画家・石坂啓さんの夫は、小学館取締役の立川義剛氏だという。
(立川氏は「週刊ビッグコミックスピリッツ」「月刊!スピリッツ」の編集長だったらしい)

安倍元首相が暗殺されたことを知った時、石坂さんは「でかした!」と叫んだとか、夫の立川氏は山上徹也容疑者を「山上様」と呼んでいるなどと石坂さん自身が語ったことから、あちこちで炎上しているようです。

▼【胸糞】漫画家石坂啓、安倍暗殺のとき「でかした!」と喜んでいた 夫の小学館取締役も山上様と崇拝
https://matomame.jp/user/yonepo665/35e15ad15c3ec2a78e4d

小学館。。。たしかに最近の「週刊ポスト」などは安倍&自民党バッシング、統一教会バッシングが過激化していますね〜。なるほど。

でも「週刊ポスト」といえば、テレビで霊感商法とか合同結婚式のことがワイワイ騒がれていた約30年前でさえ、統一教会の出版社(光言社)の広告を載せていたんだけどなあ。

▼「週刊ポスト」「週刊読売」は、統一教会の出版社「光言社」の広告を掲載していた!
[Click Here!]

どこかの時点で、小学館の体質が真っ赤っかに変質したのかな?
わりあい善良なイメージのある出版社だっただけに、テロを容認する左翼過激派に変貌したことはかなり衝撃的です。

私も小学館の本とか辞書は持っているけど、なんだか複雑な気分になるなあ。(^^;



  デジタル献花について 2022/10/31(Mon.) 17:38 

さくらブログのほうで、デジタル献花について書きました。

▼「デジタル献花の報道でわかる、TBSの致命的な偏向性」
[Click Here!]

上の画像には「信者に届いたメッセージ」という見出しが出ていますが、このメールが私のところに流れてきたのは10月2日のことでした。

ちなみに、この文章の中で「世界日報のBさん」(実際は実名)とあるのは、以前世界日報に勤務していたHさんのことですが(私も面識があります)、現職であるかのように書かれている時点で、信者が書いたものではないような印象を受けました。

また、この文章では「Bさんら20代、30代の二世によって」となっていて、Bさんが2世であるかのような表現です。
しかし事実はBさんは2世ではなく母親なので、ますます怪文書の性格が濃くなります。

この情報は「古参信者A氏」が流したものとされていますが、A氏はあまりネットに詳しくない高齢のO氏のことです。

経緯としては、A氏はBさんから「デジタル献花は祝福2世がやっているという話がある」という個人メールを受け取っていたのですが、そのことをA氏が信者たちで作る小さなグループ内で紹介したところが、そこから教会外部に怪文書のような形で流出してしまい、何らかのルートでTBS関係者の知る所となったようです。

ところで、テレビ画面の画像では「AさんからBさんに、連絡がありました。」という文章になっていますが、この部分は明らかにAとBの記号が逆に貼り付けられているので、よほど慌てて作成した画像なのでしょう。

他局にネタを奪われないよう、報道の質よりも視聴率を優先して「見切り発車」したことがバレバレです。

(報道とは全然関係ない話になりますが、旧統一教会で「祝福2世」というのは親が合同結婚式(祝福式という)に参加した後に誕生した子供の呼称で、祝福式に参加する以前に生まれた子供は「信仰2世」と呼ばれています)

こんな乱暴な報道をするTBS。。。これを機会に、思い切ってTBSに何らかの行政処分とか免許取消勧告みたいな措置を下したら、政府の株も少しは上がると思いますけどね。(^^;



  福田ますみさん、グッジョブ!! 2022/10/29(Sat.) 17:30 


「でっちあげ」(福岡「殺人教師」事件の真相)などの話題作で注目されるノンフィクション作家の福田ますみさんが、「月刊Hanada」12月号の中で、最近の統一教会報道について取材したルポを掲載しておられます。

統一教会信者を拉致監禁して暴力的に「脱会」させ、その親から報酬を受け取ってきた宮村峻氏らの手口が暴露されています。

この記事で非常に注目すべきことは、テレビに出演している紀藤正樹、山口広等の弁護士と宮村氏との関係についてリアルに追及している所です。

福田さんは伊藤芳朗弁護士の見解を紹介しています。
伊藤弁護士は、紀藤・山口弁護士らと同じ「全国霊感商法対策弁護士連絡会」というグループに所属していましたが、宮村氏のあまりにも乱暴なやり方に疑問を持ち、それを黙認している紀藤・山口弁護士らと対立した結果、彼らのグループから脱退したのです。
彼らと別れた伊藤弁護士は、自由に本当のことを暴露できるようになったわけです。

彼らは統一教会が正体を隠して活動しているというけれど、福田さんは書いています。
「正体隠しを行っているのはいったいどちらなのか」

ちなみに、彼らのグループ名である「全国霊感・・・連絡会」の略称を「全国弁連」と称しているようですが、まるで全国の普通の(左翼でない)弁護士までが大勢参加しているような誤解を与えるのではないかと私は思います。

このグループのリーダー格である山口広弁護士、渡辺博弁護士らは、公安関係者の資料とされる「左翼便覧」(日本政治経済研究所発行)の「左翼過激派系弁護士名簿」に掲載されている左翼弁護士です。

また、彼らの仲間に海渡雄一弁護士(上記名簿にも掲載)がいますが、彼はオウム真理教というテロ組織を破防法から守り、オウムを存続させることに尽力した弁護士です。

彼らは今や、まるで正義の味方のようにテレビで扱われ、世論を誘導しながら政府の方針にまで影響を与えているのだから、実に恐るべきことだと思いませんか?

テレビ等の報道が左傾化して暴走する今の日本においては、「月刊Hanada」のように客観的事実をもって真相を追及する姿勢のメディアは貴重な価値を持つ存在だと思います。

そして、福田ますみさんの勇気ある追及に、グッジョブです!!



  日本中に響け!長渕剛さんのメッセージ!! 2022/10/12(Wed.) 10:49 

名曲「乾杯」のシンガーソングライター長渕剛さんが、全国ツアーの中で「土地を外国に売らないで」というメッセージを発信していることが話題になっています。

▼長渕剛 北海道に続き香川でも「外国人に土地を売らないで」とステージで(Yahooニュース、デイリースポーツ10/8)
https://news.yahoo.co.jp/articles/1127bd57fa8d21477aac2f6477b28ffc0e36bcb1

北海道では、「その昔、開拓民たちが一生懸命に開拓した土地。お願いだからこの自然に充ち満ちた土地を外国人に売らないでほしい」と言ったという。

香川でのメッセージなど、何度読んでも感動します。

これからの日本を支える若い世代、安倍元首相の突然の死に涙を流し、長い列にならんで献花をなさった、特に若い世代の人々。。。
長渕さんのメッセージから真意を悟り、今の異常な日本を変える原動力となってほしい。

以下、長渕さんのメッセージから引用します。

「こんなに素敵な香川。まだまだ緑も多いです。空気も綺麗です。太陽も綺麗です。だからみんなの心も綺麗です。

きょうはたくさんの国旗が(※観客席で)左右に揺れた。本当に綺麗です。だからね、これ以上、外国人に土地を売らないでほしい。

僕達の生きてるこの日本、僕達の敬愛するこの国は、今、おかしいです!みんな気付いてるよね?

僕は政治家じゃないから、政治家じゃないから、政治のことはよく分からないけれども、だけど、おかしいってことは感じることができる。

マスコミに流されないで。人に流されないで。僕も君たちも、自分の感性を信じて。正しいことは1つしかありません。

もう一度、僕達は立ち上がるんだ!僕もまだまだ頑張るから、一緒に立ち上がろう!いいね。」



  自民党に賛同者は一人もいない、とか。(^^; 2022/10/10(Mon.) 01:16 

参議院議員の世耕さんが「自民党に旧統一教会の賛同者は一人もいない」と言ったとか。。。笑

浅はかというか、なんというか。そのように言えば自民党の信頼がどんどん回復するとでも思っているのかなあ。
かえって、ますます野党からの突っ込みネタを増やしてしまう結果にならないかな?と思う。

門田隆将さんは『月刊Hanada』11月号で自民党は「憲法違反の魔女狩り政党」と言ったけど、その通りですね。
▼旧統一教会の信者はわずか6万人というデマ。そして、選挙と宗教団体について。
[Click Here!]

特定宗教を排除して、憲法精神を踏みにじる政党が、しらじらと「憲法改正」なんて言っても、今は全然信用できなくなりました。

ちなみに教会の「賛同者」だけど、今はちょっとサボっていて更新していませんが、これまでの賛同者だけでもけっこう自民党系・保守系の人は多いですよ。
▼家庭連合(旧統一教会)・統一運動に賛同する人々
[Click Here!]

それから、統一教会は日本が韓国に「贖罪」するために奴隷のように金を貢がなきゃいかんという「教義」が存在する、というデマを信じている人がけっこういるんですね。

確かに韓国は、オギャーと生まれた時から国民を「反日教育」で徹底的に育てる国なので、そもそも反日以外の思想の自由がない国です。
なので、統一教会でも「日本が謝るのが当然」という韓国政府の方針に沿ったことを言っている信者もいるでしょう。

統一教会は2つの国に同時に属しているので、そういう性質は避けられないでしょう(今はイスラム圏の信者も多くなっているので、政治的には更に多面的になっている)。

でも、国によって考え方はいろいろ異なる面があっても、それは「教義」ではない。

むしろ日本の勝共連合、世界日報などは韓国と真逆の性格が強いです。
世界日報から「朝日新聞の犯罪」という本が出版されたことがありますが、あれも左翼新聞と徹底抗戦した内容でした。[Click Here!]

日本が韓国に悪いことをしたから謝れ、という自虐史観はむしろ朝日新聞などの左系メディアが盛んに洗脳してきたものじゃないのかなあ、と思います。
「従軍慰安婦」「強制連行」など、韓国じゃなく日本側から言いだしたものですよ。

まずはともかく河野談話とか、ああいうものを早く政府は撤回しなきゃいけないと思う。
河野ジュニア、林外相などが力を持っている限り無理なことでしょうけれど。



  信者の数が6万人??ん〜〜なバカな!笑 2022/10/04(Tue.) 11:51 

ブログのほうでも書いたんだけど、ネット上では家庭連合(旧統一教会)の信者数がたったの6万人しかいないと言っている人がいて、大変驚きました。

▼旧統一教会の信者はわずか6万人というデマ。そして、選挙と宗教団体について。
[Click Here!]

6万人って。。。そりゃないよねえ。(^^;
ユーチューブを見ていて、最初はジョークかと思っていたら、けっこう真面目な人が真面目に話しているのでビックリしたわけです。

ひょっとすると(仮定ですが)、これは家庭連合を攻撃している左翼系の人々が自民党と統一教会を切り離すための戦略として、ネット上に出しているデマじゃないかとも思いました。

つまり、こういう感じです。
「自民党さん、統一教会を味方につけてもせいぜい6万票ぐらいの影響力しかないんだよ。そんな無力な奴らとは手を切っても全然大丈夫だよ。選挙には響かないよ」ということ。

それで、自民党は容赦なく旧統一教会&関連団体との一切の関わりを断ち切ると決断することが可能になった、とかね。

まあ真相はわかりませんが、左翼連中としてはとにかく自民党(特に正しい安全保障の考えを持つ安倍派)を弱体化させたいわけだ。

そして、今は日本国民の大半がテレビの影響で左派勢力の危険思想に汚染されています。
そういう危機感のある人々は存在するのですが、声がかき消されているのだと思います。

結果、どんどん自民党自体も親中体質になってきて、大切な相棒である台湾を冷ややかに除外するようになりました。
まったく情けないことです。世界情勢を考えると、実に恐ろしいことでもあります。



  旧統一教会との関係を断つ自民党、じゃあワコム製品は使わない? 2022/09/15(Thu.) 22:50 

自民党は旧統一教会および関連団体との一切の関係を断ち切る、という。

「勝共連合」とは関係を持たない、「世界日報」は読まないしインタビューも受けない、そういう情景が何となく浮かびます。
日本財団も創設者(笹川良一先生)が国際勝共連合名誉会長なので、自民党は関係を断ち切るのでしょう。

もっと言えば、健康のため「一和高麗人参」を飲んでいた自民党議員はただちに飲むのを停止する、とかでしょうか?

ここで、ちょっと気になるのは「ワコム」(東証プライム上場企業)のペンタブレットなどの製品を自民党議員は絶対に使わないのだろうか、ということです。

ワコムについては、ペン入力に関する発明をした創業者・村上東氏も、初代社長・古田元男氏も、家庭連合の現役信者です。

恵藤洋治社長の時代になってからは、ワコム社員の100%が信者という状態から徐々に変化していきました。
ただ、それでも旧統一教会と全くの無関係の企業になったとは言えないでしょう。信者による特許を強い基盤として、ここまで業績を上げてきたわけですから。

まあ結局、全ての自民党議員は念のため絶対にワコム製品は購入も使用もするな、もしも違反したら党から除名する、という感じでいくのでしょうかね。知らんけど。笑

▼統一教会発行「新天地」1992年3月号、18頁より。
 村上東氏(株式会社ワコム専務取締役=当時)



  国葬反対論者・洞口朋子杉並区議(中核派)とひろゆき氏の、噛み合わない議論 2022/09/15(Thu.) 00:19 

国葬に反対する人々は、どういう思想的な傾向があるか?

中核派として知られる洞口朋子(ほらぐち・ともこ)杉並区議会議員ですが、2ちゃんねる創設者・ひろゆき氏との議論が話題になっています。

(参考)Yahooニュース「国葬反対デモのチラシに『中国侵略戦争を止める』 呼びかけ人の中核派区議に聞く」
https://news.yahoo.co.jp/articles/a75af1e768005b11dd8c50009c33b83ef60c88ba

洞口さんによると、日本は中国に対して侵略戦争をしていて、核ミサイルの配備計画もある、という。
それで結局、安倍元首相の国葬に反対すると論じる。

ひろゆき氏は洞口さんの話の根拠や論理について質問するのだけれども、なかなか議論が噛み合わない。

要するに、中核派の中で通用している考えをそのまま展開しているだけなので、一般人への説得力がないわけです。

この洞口さんのケースは少し極端な事例かもしれませんが、概して国葬反対の主張をする人々は、単なる感情的な拒絶意識に終始している印象が強いように感じられます。

議論というものは、誰もが理解できるような客観的な根拠をもって、冷静で論理的に展開することが大事でしょう。

ところで、来年の区議会議員の選挙には、おそらく洞口さんも杉並区で出馬するだろうと思われます。

洞口さんは前回(2019年4月21日執行)の選挙公報には「中核派」とは表記されていませんでした。
ただ、「2003年、中学生のときイラク戦争反戦デモに参加。法政大学に入学し全学連として活動。」と書かれていました。

そして、48議席中18位(3275票)という成績で当選しました。
はたして来年は、どうなるでしょうか!?

▼平成31年4月21日執行、杉並区議会議員選挙・選挙公報より。



  安倍元首相の国葬(国葬儀)は、日本が世界に示す誇りと感謝である。 2022/09/14(Wed.) 13:23 

安倍元首相の国葬(国葬儀ですが)に賛成・反対で国論が2分されているということで、日本もまことに恥ずかしい国になったものだと残念に思います。

家庭連合(旧統一教会)系の国連NGOであるUPFは、安倍元首相の世界的な功績を讃えると共に世界が失った損失の大きさを悼むため、すでに8月12日に安倍元首相に対する国際的な特別追悼式を行ないました。

そこに、世界各国の要人たちが献花し、またスピーチなどで安倍元首相に対する哀悼と感謝の気持ちが表明されました。
もちろん、一部の日本人のように反対する愚かな人は一人もいませんでした。

日本の政治家の中には、世界的な平和貢献と最長の成長国家政権を維持した偉人ともいうべき安倍元首相に対して、実に心ない非難の言葉を浴びせる低レベルの人々がいます。
いつから日本は最低限の礼節すら守らない指導者が世論を誘導する国家になったのでしょうか。

安倍元首相は昨年9月12日、盟友トランプ前米大統領らをはじめとする各国代表らと共に、UPFの大会で国際的スピーチ(ビデオメッセージ)を行なわれました。

安倍先生のスピーチは、インターネットを通じて約200万人以上に伝わり、世界各国の放送局でも放映されたため、全体でおよそ5億人が視聴したのです。

そして、世界の人々が「自由で開かれたインド・太平洋」という日本発の構想が、自由圏における世界共通の戦略となったことをあらためて再認識することとなったのです。

私はUPFで語られた安倍先生のスピーチが世界に発信した貴重な遺言のように大切に思い、何度も拝聴しています。
安倍先生の偉大な御遺志が引き継がれますように!

▼「安倍晋三元内閣総理大臣・演説全文」
[Click Here!]



  河野太郎さんはWFWPのメンバーを表彰していた、とか。 2022/09/13(Tue.) 10:28 

河野太郎さんは外務大臣だった時の1918年7月23日、統一教会系の国連NGOであるWFWP(世界平和女性連合)のモザンビーク派遣員・宝山晶子さんに表彰状(令和元年度外務大臣表彰)を授与していたという。
[Click Here!]

そりゃまあ、統一教会のメンバーは海外でいろいろな苦労をしながら平和活動をしているので、表彰自体は驚くことでもないですが。。。

でも、自民党・岸田組長は旧統一教会および関連団体とは一切関わらないと宣言して、今後関わったヤツは党から除名、過去に関わった議員は容赦なく処刑。。。じゃなく(笑)、世間に名前を公表して「さらし首」の状態にするということなので(憲法無視の野蛮な政党になったもんだね)、河野さんも自民党的にはかなりの重罪かもしれませんなあ。




  検索    


 
■むちゅうのぐ〜たら日記■