現在 20件/1ページ 
167743


江本武忠
(えもと・むちゅう)

(2007/10/15(Mon.) 21:14 〜 2007/09/03(Mon.) 11:17)

  亀田大毅、1年間ライセンス停止 2007/10/15(Mon.) 21:14 

亀田大毅選手に対して、JBC(日本ボクシングコミッション)はボクサーライセンスの1年間停止処分を決定しました。(10月15日18時38分配信 産経新聞)[Click Here!]

金平桂一郎(協栄ジム会長):クラブオーナーライセンス停止3か月
亀田史郎:セコンドライセンス無期停止
亀田大毅:ライセンス停止1年
亀田興毅:厳重戒告

相場はどうか分かりませんが、こんなものでしょうか。
セコンドが相手選手やレフェリーを威嚇したり、反則技を指示するなどというのはそもそもスポーツの概念には入らない卑怯な行為ですから、本来はライセンス剥奪処分でもよかったかもしれません。「無期停止」の意味合いとしては、「引退勧告」に近いのかもしれませんが。。。

反則行為を指示するような悪質なセコンドのもとにある限り、いつまで経ってもそれ以下の選手しか育ちません。
JBCとしても、そういう「根の部分」を重視した処分を考えたのだろうと思います。概ね妥当な処分と思います。



  “大毅ショック”で興毅も処分か 2007/10/13(Sat.) 11:51 

亀田大毅の試合でセコンドに入っていた長男・興毅も、「試合途中に大毅に反則行為を促した疑惑」によって処分される可能性が出てきたという。(10月13日8時2分配信 サンケイスポーツ)[Click Here!]

25日に予定していたノンタイトル10回戦も中止が発表され、“大毅ショック”の影響が広がっています。

それもそのはず、大毅の耳元で「ひじでいいから目に入れろ」と声をかけた興毅の声が図らずも全国に流れてしまったのだから、弁明は難しいでしょう。

興毅の弁明は、「オレの発言が誤解されているみたいやけど、あれは亀田家のボクシング用語で、ひじを上げてしっかりガードして、目の位置を狙えという意味」というものですが、これは「ひじを目に入れろ」じゃないでしょう。

東日本ボクシング協会の北沢鈴春事務局長は「父親が急所を狙えと指示し、興毅がひじで目を打てと発言したのをビデオで確認した」と明言しているとのこと。反則指示はくつがえりそうにない。

思うに、セコンドから「目つぶし」などの反則指示が出ていたことが事実であるとすれば、あの大毅の試合ぶりは何となく納得できます。
つまり、きちんとした打ち合いではなく「いかにして目つぶしの機会をねらうか」ということばかりに意識が集中していたため、あのように低い姿勢のまま固いガードを続けるしかなかったものと考えられるのです。

ともかく、日本のボクシングが世界に通用する正当なボクシングであるためにも、こういうことは徹底して処分していただきたいものです。



  亀田家との闘いを拒否した内藤は正解デス。 2007/10/12(Fri.) 23:57 

内藤─亀田戦で、いかに亀田が反則行為を繰り返してきたかという実態が明らかになってきました。

亀田は内藤にタックルしたり、投げ飛ばしたり、クリンチしてふとももパンチをする、倒れた状態で肘や肩をぶつける。。。それ以外に、何度もサミング(グローブの親指で相手の目を突く反則)をしてきたという。内藤の両目の横が腫れたのは、それが原因。

また、セコンドの亀田興毅は「肘で目をやれ」などと反則行為の指示を出していたという。ひどいもんです。

「倒れたまま目を狙ってきて、これは抗議したい。ふざけるな。反則のオンパレードですよ」と内藤選手の話。
宮田会長は、反則行為について「勝負の問題ではなく、選手生命にかかわる」という。(10月12日18時58分配信 産経新聞)[Click Here!]

これで、亀田家がグルになって反則攻撃を戦略としていたことが判明したと言えるでしょう。

亀田兄である興毅は「大毅の敵(かたき)は俺が取る」と言って、内藤選手に宣戦布告をしたそうですが(10月12日10時26分配信 デイリースポーツ)[Click Here!]、どうせ反則業を使ってダメージを与える作戦なのでしょう。

内藤選手は反則によって体を痛めることのリスクを痛感していて、「自分の体が大事。もう亀田家とは試合をやらない」と答えたという。(10月12日20時6分配信 毎日新聞)[Click Here!]

これは正解です。
ボクシングはお互いにフェアな精神で力を出し尽くし、試合が終われば抱き合って健闘をたたえ合う大人同士のスポーツです。

あんなヤクザの抗争みたいな亀田ボクシングはやめてほしい、デス。



  内藤大助のタイトル防衛は、貫禄勝ち 2007/10/12(Fri.) 00:27 

WBCフライ級タイトルマッチ12回戦で、チャンピョンの内藤大助選手(33歳)が亀田3兄弟の二男・亀田大毅選手(18歳)を3―0の判定で下した。(10月11日22時53分配信 読売新聞)[Click Here!]

戦闘姿勢の積極性から判断しても、手数の多さからしても、圧倒的に内藤選手の優勢勝ちでした。

ただ、相当の手数を出したわりには亀田選手をぐらつかせるほどの打撃を与えられなかったことは事実で、これは経験の浅い亀田としては将来有望の印象を残した善戦だったと言えるでしょう。

この試合でちょっと注目すべきは、両者の反則行為です。
先に反則の減点をもらってしまったのは内藤のほうですが、あの判断は微妙で、むしろ亀田の反則気味のからみつきに内藤が激怒した結果、行き過ぎた反則パンチが出たものでした。

その後、亀田の反則気味のからみつきは次第に露骨な反則行為に発展して、最終回では亀田が反則行為で3点の減点となった。これは大いに亀田の反省すべき点でしょう。K−1じゃないんだから、相手の体を持って強引に倒したり、倒した相手を更に締め付けるような行為はボクシングとは言えません。

あの時点で判定では亀田の負けが決定的でしたので、「どうせ負けるなら反則原点で負けるほうがマシだ」と思ったのかもしれませんが、そんなものは全然スポーツじゃない。本人も「スポーツ」じゃなく喧嘩だと考えているのかもしれませんが。

それにしても、33歳という年齢にもかかわらず、血気盛んな若い相手を終始押さえ込んでいた内藤には惜しみない拍手を贈りたいと思います。貫禄勝ち、というところでしょう。



  民主党・小沢代表の管理団体、違法行為か? 2007/10/09(Tue.) 11:30 

民主党の小沢一郎代表の資金管理団体「陸山(りくざん)会」が、政治資金で購入したマンションをコンサルタント会社や財団法人に貸し、家賃収入を得ていたことが分かったという。(10月9日3時8分配信 毎日新聞)[Click Here!]

政治資金規正法は、預金や国債以外の資金運用を禁止しているため、「家賃収入は法違反の疑いがある」とのこと。

小沢さんには不動産がらみの問題がつきまとっていますが、もしも小沢さんが首相になったら、この種の問題で徹底追及されることは必至ですから、ひょっとして安倍政権以上に短命に終わるような気も。。。

それ以前に、この責任を取って代表辞任ということもアリなのかなあ。

ご本人は「さほど大きな問題じゃない」と考えてらっしゃるかもしれませんが、それはそれで問題でありまして。。。



  4万人の参加を「11万人」と偽る集会  2007/10/07(Sun.) 09:23 

9月29日の沖縄県「教科書検定意見撤回を求める県民大会」の参加者数は、実際には「4万人強だった」(県警幹部)にもかかわらず、「11万人」が参加したと主張する人々(例えば日本共産党)との間で国会でも論争になっている。

産経新聞によると、もしも11万人がその場にいたとすれば「1平方メートル当たり4人いた計算になるが、多くの参加者は座っていた」のだという。(10月7日8時1分配信 産経新聞)[Click Here!]

もちろん、教科書検定においては記載される歴史的事実を細かく検討する必要はありますが、正しい歴史的事実を書こうと主張する人々が自分自身で歴史的事実をねじ曲げるというのでは、説得力が半減するんじゃないかなあ。



  いきなりかよ。 2007/10/04(Thu.) 23:03 

都内のプライド(PRIDE FCワールドワイド)日本事務所が突如解散、事務所は閉鎖、スタッフは全員解雇されたという。(10月4日19時16分配信 スポーツナビ)[Click Here!]

う〜む。。。元横綱若乃花の突然の離婚も驚いたけれど。。。

できるだけ、「突然」というのは避けたほうがいいように思います。



  民主党の「黄門様」、危うし? 2007/10/04(Thu.) 09:56 

民主党の渡部恒三最高顧問の政治団体「新時代の会」が93年〜04年の12年間、事務所の活動実態がないのに、おい(佐藤雄平・福島県知事)の自宅マンションを「主たる事務所」として総務省に届け出ており、同会は12年間で事務所費や光熱水費など経常経費として1億7800万円を支出していたという。(10月3日12時6分配信 毎日新聞)[Click Here!]

渡部さんは、「当時は悪いと思わなかったが、政治とカネ(の問題が)が厳しくなった。反省したい」と話しているとのことですが、そういうことであれば、正義の味方「水戸黄門」みたいに自民党の議員を追及することに矛盾はないのかと非常に疑問を感じます。

しかも、同会では代表者の男性が2000年に死亡、会計責任者の男性も3年ほど前に死亡しているのに、今年7月まで後任者への変更を届けていなかったとのことで、収支報告書には「死亡している会計責任者の名前が記名押印された宣誓書を添付していた」とのことです。(10月3日13時56分配信 読売新聞)[Click Here!]

なんと、死んだ人の記名押印をしていた。。。

これって、相当悪質な犯罪じゃないの???????



  「別に…」、「特にないです」のエリカ発言 2007/10/03(Wed.) 01:44 

女優沢尻エリカさん(様?)の異常な舞台あいさつが話題になっています。司会者が何を聞いても、腕組みをしたまま「別に」「特にないです」と述べ、その不機嫌な態度が司会者を当惑させたのみならず、多くのファンも失望させたとのこと。(10月2日8時0分配信 スポーツ報知)[Click Here!]

彼女の態度から私が直感的に感じ取ったのは、ズバリ、質問をした司会者(富永美樹さん)との個人的関係が非常にギクシャクしていたのではないか、ということです。

富永さんは「同じ事務所に所属するモノとして、少しでもいい印象で終われるようにしてあげたかった」と述べているそうですが、そういう「老婆心」を前提にした司会ではなく、純粋なファンの立場に立った者が司会者だったならば、ああいう不機嫌な態度にはならなかったと思います。

誰しも、ギクシャクした関係の人から質問されると、素直に答えられないことはあるかもしれません。そこで、彼女は普段の人間関係を無視して芝居のキャラクターに逃げ込んだ結果、あのような殺気立った雰囲気が出来上がってしまった、というのが私の心理分析です。

でも、彼女はもう21歳の女優です。いかなる個人的葛藤があろうとも、それを超越して堂々とファンに対するメッセージを語っていたならば、めでたく一回り成長した自分を発見なさったであろうに、と惜しまれます。



  年金保険料の窓口徴収を廃止か 2007/09/29(Sat.) 13:27 

舛添要一厚生労働大臣は、「社会保険事務所の窓口で掛け金を支払うことを一切やめさせる」と述べたという。(9月29日11時53分配信 産経新聞)[Click Here!]

もちろん、職員が窓口で受け取った金を盗まないようにという趣旨は分かるのですが、ちょっと極端な政策という感じもしますけど。。。

「ここまで役所の窓口が信用されないのは困ることだが、銀行は信用できるが社保庁は信用できないという残念な状況がある」と、舛添さん。

確かに、銀行でドロボーすれば解雇されますが、社会保険庁の場合は解雇どころか、多額の退職金までもらえるようですから、この際、厳しい対策が必要なのかなあ。

ただ、窓口で支払えなくなると逆に不便を感じる人たちも多いでしょうから、その辺も課題です。

ともかく、役所としては窓口業務が減れば、その分においては楽になるのだから、真面目な業務に専念してほしいものです。

え? もともと最大限にサボっていたので関係ないとか?



  相撲界、前代未聞の不祥事 2007/09/26(Wed.) 19:06 

大相撲の時津風部屋の序口力士、斉藤俊さん(当時17歳)=時太山(ときたいざん)が急死。その原因として、親方がビール瓶で殴る、兄弟子たちが集団暴行するなど、リンチとも言うべき暴行があったという。

マスコミで問題になった朝青龍の場合、「仮病と疑われかねない行動を取った」ことが非難されているわけですが、私は(ブログでも書いていますが)不祥事でも何でもなく、マスコミが視聴率稼ぎのために騒いだ結果の産物にすぎないと思っています。

しかし。。。今回のリンチ事件は正真正銘、前代未聞の不祥事です。

「荒稽古」はどんなスポーツにも存在するし、体育系のクラブでも多少の「体罰」はつきものです。
しかし、齊藤さんの遺体には「割れた額、腫れ上がった顔、全身に無数のあざ、足にたばこを押しつけたような複数の跡」があったというから、これはもう犯罪です。

これを機会に、相撲の「部屋」の体質も刷新してほしいと思います。

それにしても、残念なことです。



  「原爆しょうがない」の次は、「核実験よかった」 2007/09/21(Fri.) 22:13 

自民党の山崎拓前副総裁が、北朝鮮の核実験について「核保有がはっきりしたという意味でやらせてよかった」と発言したことをめぐり、広島・長崎両市が抗議文書を届けたという。(9月21日21時2分配信 時事通信)[Click Here!]

もちろん、山崎さんの「よかった」発言は北朝鮮の核実験そのものを歓迎した意味でないことは明らかですが、久間元防衛大臣の「原爆はしょうがない」発言と同様、弁明するのはかなり苦しいかもしれません。

「核保有を証明した意味では“よかった”」と言っているようですが、それで「よかった、よかった」と収まるような話じゃないので、広島・長崎としては聞き捨てならない表現です。

やっぱあ。。。「よかった」は、マズかったのでは。。。



  16歳の娘が父親を「斧」で殺す 2007/09/19(Wed.) 10:52 

京都府で、府警の巡査部長が16歳の次女に殺された事件がありましたが、殺害の方法は首を小型のおので切られたとのこと。理由は「お父さんが他の女性と付き合っているから嫌いになった」と供述しているという。(9月19日3時0分配信 時事通信)[Click Here!]

一部の報道では、この次女は殺害する際に黒い衣装に着替えていて、ものすごい返り血を浴びていたともいわれています。

黒い衣装に「斧」といえば。。。
直感的に、魔女を思い浮かべてしまいます。
例えば、[Click Here!]などを参照。

この次女は漫画家を目指していたようですが、おそらく現実世界よりも空想の世界のほうにリアリティを感じるような性格ではないかと思います。

非常に厳格な父親に対して、彼女が「魔女」として断罪しうる唯一の罪状が女性との不倫関係だったのか。。。



  「チルドレン」の杉村議員、ようやく反抗期を迎える 2007/09/17(Mon.) 08:03 

小泉チルドレンの杉村太蔵議員が、チルドレン向けの選挙塾「新しい風」(会長・武部勤元幹事長)で、「(武部氏らの方針に)ついていけない」と途中退席し、武部会長は杉村氏に「もう来るな」と怒ったという。[毎日新聞9月16日][Click Here!]

杉村氏は「こんなことで総裁が決まるなら自民党は終わる」と述べたというけれど、本人が「自民党」的じゃないというだけのことかも。。。

記事によると、「総裁選で小泉純一郎前首相の再登板を模索していた同会が、福田康夫元官房長官支持でまとめようとすることに、反発したとみられる」と解説されていますが、一部のチルドレンの推薦で小泉さんが押し切られて再登板するようなことは到底考えらない図式ですので、チルドレン自身が自らの存在価値を過信しすぎているのでしょう。

しかも、当の小泉さん自身は「福田支持」ですから。。。笑



  洋式トイレ細胞、発見!? 2007/09/15(Sat.) 22:39 

顕微鏡で見るミクロの世界は不思議に満ちている。

写真コンテスト(「Beautiful Micrograph Contest」)で、「最も奇抜で賞」を受賞した作品が「小さい便所」だそうです。(9月15日13時4分配信 ギズモード・ジャパン)[Click Here!]

たしかに、洋式トイレに似ている。。。



  首相辞任。。。課題山積 2007/09/13(Thu.) 21:55 

小泉さんは、自民党を破壊したと同時に官僚体制にメスを入れた。

それを引き継いだ安倍さんは、壊れた自民党と腐敗した官僚たちの強烈な反動をモロに受けました。

ともかく。。。次の首相は当面の民主党との闘いを控えているわけですが、自民党内部のゴタゴタと官僚たちのボイコットの両面を制御できるような人でなきゃいけない。

そんな人、いるのかなあ。。。
福田先生はそれなりの見識をお持ちの方であることは間違いないですが、国民の人気を得ているのは麻生さんということで。。。



  アメリカは9月11日を警戒すると同時に、自己中心的な政策を改めよ。 2007/09/08(Sat.) 15:52 

本日(9月8日)、ビンラディン容疑者のビデオ声明が公表され、「米国へのテロ攻撃強化」などを訴える内容だという。(9月8日9時0分配信 時事通信)[Click Here!]

アメリカが主張する「テロ撲滅」は重要な課題であるけれども、平和構築のためにアメリカが何をしているかということも同時に問われねばならないでしょう。

イラク戦争にしても、北朝鮮との妥協にしても、従軍慰安婦の謝罪要求決議にしても、アメリカは自国の利益のみを中心に動いているとしか思えません。

ともかく、今年の9.11を迎えるに当たってアメリカは、テロに対する真に有効な手段は何なのか、武力による平和に限界はないのか、思想的宗教的な対立を真に解消する道は本当にどこにもないのか、そういう点について深く再検討する姿勢を見せていただきたいと思います。



  松本引越センター社長自殺 2007/09/07(Fri.) 23:56 

「ゾウのマーク」と、可愛らしい女の子が電話でしゃべるコマーシャルで有名な「松本引越センター」の社長、松本修治さんが自殺した。(9月7日20時46分配信 産経新聞)[Click Here!]

社長は43歳。年間売上高は63億6900万円という。

事情は分かりませんが、会社のカラーが家庭的な雰囲気であるだけに大変痛ましく、大きな規模の事業が決して容易でない時代であることを象徴しているかのようです。



  中国人民解放軍、米国防総省ネットに不正侵入 2007/09/05(Wed.) 01:15 

4日付の英紙フィナンシャル・タイムズは、米国防総省のコンピューター・ネットワークが今年6月に中国人民解放軍とみられるハッカーの不正侵入を受けていたと報じたという。(9月4日23時20分配信 読売新聞)[Click Here!]

「侵入はネットワークをマヒさせられるレベル」に達しているというから、本格的な攻撃意図を感じさせます。

これからは、サイバーテロ、サイバー戦争の時代なのでしょう。

日本政府は。。。大丈夫かなあ。。。
ウィニーに手を焼いているレベルからは、早く脱出しないとね。



  民主党の姫井議員、不倫をネタに芸者デビュー? 2007/09/03(Mon.) 11:17 

不倫疑惑に対する説明をしていないことで問題になっている民主党の新人・姫井由美子参院議員が、与野党の議員が多数出演した都内の舞台で“芸者デビュー”を果たしたという。(スポーツ報知 2007年9月3日8時00分)[Click Here!]

記事によると、同じ舞台に上がった民主党の原口一博衆院議員は「勝ったときこそ地道にやったほうがいい。(姫井氏は)正直に話したほうがいい」とアドバイスしたとか。。。

ただ、民主党の渡辺周衆院議員は不倫を“告発”した男性について、「同じ男として解せない」と疑問を投げかけていたという。

う〜ん。。。まあ、不倫というのは確かに相手も同罪みたいな面もありますが、姫井さんは国会議員なんだから、有権者に対する説明責任は当然に果たすべきでしょう。

まあ要するに、今回民主党が「勝った」といっても、この程度の政治道徳が限界ということだろうと思います。

こんな不倫女性に「退治」されちゃった片山虎之助さん。。。かわいそうに。




  検索    


 
■むちゅうのぐ〜たら日記■